Bass News

『モード』と『コード』の関係性とは?メジャースケールのモード一覧

2015/06/02 21:46

2017/01/25 23:23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理解しておくと便利な『モード』

オリジナリティ溢れるフレーズを作ろうと思えば、基礎的な事を知ってそれを踏まえた上であえて違うことをやればいいのではないでしょうか。
それは、ベーシストに限ったことではありません。

スケールやモードなどの知識を知っていると、どういった形で良いフレーズが出来たのかが理解できるため、良いものをより長くアウトプットし続けることが出来るのです。

 

スケール上でのアプローチに欠かせないモードとコード

ff4864de

曲がCメジャースケールの場合、7つの音のうちどの音からでも始めることは可能なのですが、
Cから始めたもの、Dから始めたもの、Eから始めたもの・・・・といった7種類のCメジャースケールにはそれぞれモードと呼ばれるものがあります。

モードにはギリシャ語の名前がついており、ローマ数字のⅠはアイオニアンⅡはドリアンといったようにそれぞれの名前に対応しております。

Cメジャースケールとそのモード、ローマ数字一覧

Bass 記事 MODE
※キーは全てのメジャースケールにおいて同じモード、ローマ数字で呼ばれます。

 

7thのコード

簡潔に言えば、モードからコードというものは導き出されます。
それぞれのモードの音を1つ置きに演奏することによって、導き出され、創りだされるコードが7thコードです。

例えば一覧のCアイオニアンモードの第1音目、第3音目、第5音目、第7音目が、コードでいうルート3rd5th7thととなり、Cメジャー7(C△7)となります。

このコードは第Ⅰモード上に組み立てられているのでⅠコードと呼ばれます。
ちなみにC△7は長3度、完全5度、長7度のインターヴァルの関係で出来ています。詳しくはこちらへ。

 

良いプレイをするために

 

http-::lifestylegallery-okayama.com:cn17:pg159

画像引用元:LIFE STYLE GALLERY

ベースプレイヤーというのは単音で弾く事が多いとは思われます。
しかし単音とはいえ曲中にアクセントとしてフィルが必要になったり、音楽的な和声の知識も必要となってきます。

ジャズの世界では必ず必要な知識と言われているこのモードは、それ以外の場面でも多々会話の上で使われているのを見かけます。
もし音楽的な会話がスムーズに出来る、より面白く、いい音楽を創っていけるのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

週間人気記事

まだデータがありません。