Bass News

最近のエントリーモデルって意外とちゃんとできてる!おすすめ入門ベースは?

2016/04/04 22:27

2017/02/04 18:09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと昔前のエントリーモデルというと「チューニングが合わない」「ネックがすぐにそる」「すぐに音がでなくなる」など多くの問題がありエントリーモデル=使い物にならないというイメージがありました。

ですが昨今海外工場でつくられるエントリーモデルも新しい機械の導入や技術指導の進歩によりひと昔前とは比べ物にならないほどのクオリティの楽器が驚く値段で購入できるようになってきました。

上位ラインのベースなどに比べるとどうしてもピックアップやアッセンブリーといった部分での差は出てきますが、実際に使われている木材は同じであるという事もある為、改造次第では一生使えるという当たりのベースも中には混ざっているのが現在のエントリーモデルの素晴らしい点です。

そこで今回は今からベースをはじめようとベース選びに悩んでる方にオススメの入門ベースをご紹介いたします。

Bacchus / BJB-1R

おすすめ入門ベース1
by 音楽屋ファンハウス

30年にわたり楽器製作を行っている国内メーカーBACCHUSによるエントリーモデルです。

BACCHUSのベースはどのラインナップもその値段からは想像ができないほどしっかりとした楽器作りで多くのベーシストを驚かせています。

このエントリーモデルもその例に漏れず、熟練したクラフトマンを海外工場に派遣し指導する事でBACCHUSクオリティを維持したままコストダウンを成功させています。

初心者の段階からしっかりとしたベースを持つというのはとても大切な事です。値段的にも手ごろでクオリティもしっかりとしているBACCHUSは初心者にベストな選択の一つになるでしょう。

 

Fender japan JB-STD

おすすめ入門ベース2
by Shimamura Music

Fenderのジャズベースといえばベースのスタンダードとして今なお多くのベーシストに愛されているモデルですがそんなFende japanからエントリーモデルJB-STDが発売されたました。

多くのミュージシャンに愛されているジャズベースの魅力を十二分に堪能できるモデルとなっており、プロでも愛用者の多いFender japanのクオリティはこのエントリーモデルでも健在です。

トラブルにも強く、どんなジャンルにも対応できるこのモデルは初心者のみならず中級者の2本目としても最適でしょう。

 

Sterling by Music Man S.U.B. SERIES Ray4

おすすめ入門ベース3
by chuya-online FUKUOKA

ゴリゴリで図太いベースサウンドを出したいという方にオススメなのがSterling by Music Man S.U.B. SERIES Ray4 です。

パンクバンドやハードコア系のバンドに絶大な人気を誇る図太いサウンドはベースとはこうあるものという音圧のあるサウンドを響かせてくれます。

エントリーモデルであってもそのサウンドは健在で、スラップのアタック感からピック弾き時のゴリゴリ感はこのモデルならではサウンドです。

ロックでパンクなサウンドを求めている方にピッタリのベースといえるでしょう。

 

 

 

安かろう悪かろうという時代は過ぎ、昔と比較してもとても手ごろな値段で長く使えるクオリティの高いベースが手に入るようになりました。

初心者だからといって妥協はせずにしっかりとしたクオリティのベースを持つ事はとても大切です。

是非自分にあったベースを見つける参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

週間人気記事